FC2ブログ

多重空間~ここがaiann99の世界~

食べ物レビューを中心に毎日の色々な情報を発信していきます。

ホームレス中学生、映画鑑賞。

Posted by 多重空間 on   0  0

携帯投稿でも書きましたが、昨日ホームレス中学生の映画を見に行ってきました。
本は小説で文字ばかりなのですがこうして映像としてみるとより状況が伝わりやすくていいですね。
改めていろいろと考えさせられました。一部は違っていたのですが原作の持ち味を生かしていたと思います。

スポンサーサイト

ドラマ放送、ホームレス中学生。

Posted by 多重空間 on   0  0

昨日、ホームレス中学生のドラマがやっていたので見ました。
本で読んで忘れていた部分もあったのですが、ドラマの映像とともに甦ってきて思い出していきました。
人が死んでしまうシーンはドラマで見て改めて悲しいシーンだと思いました。
ただ、最後にこの物語は~と書いていたのですが、原作はノン~なのに・・・どこかに加工を加えたのでしょうか?
次は映画ですね。映画は絶対に見に行きます。

もうすぐドラマ放送。ホームレス中学生、土曜プレミアム。

Posted by 多重空間 on   0  0

以前、私が感想を書いていた本、ホームレス中学生のドラマがもうすぐ放送されます。
ドラマでは中学時代の話に限定して放送するということらしいのですが、詳しいことは私は知りません、ただ、見ようとは思っています。
秋には映画版も公開されるということでまだまだ話題はありますね。
ただ、最近の話題は印税ばかりなのが気になりますが・・・

最終回、今までありがとうございました・・・

Posted by 多重空間 on   0  0

さあ、いよいよこの語りも終わりです。
お姉ちゃんのバイクを壊してしまい、お姉ちゃんに怒られるかと思いきや怒られなかった田村少年。
しかし、お姉ちゃんに恥をかかせてしまいました。そして、高校在学中に吉本NECへの進学を決意するものの、高校の授業を早退して言っていたためにお兄ちゃんに怒られた田村少年。担任の先生の力もあり、ナントカ高校は卒業し、芸人への道へ。そして今の相方、川島との出会いとそれから、最後にお母さんへの感謝の気持ちがつづられてこの本は終わりました。
私がこの本を読んで思ったことは「人間、生きるために大切なものって何なんだろう?夢?お金?家族?それらは人によって違うだろうけども・・・一つだけ不動なものがある。それは命。命さえあればやり直せる。だから命は粗末にしちゃいけない。人間、命さえあれば生きていける・・・」と思いました。
繰り返しになりますが、全部で九回にわたって語ってきたこの語り、今回で終了です。皆さん、ありがとうございました。

第八回、今回は今までの倍行きます。

Posted by 多重空間 on   0  0

第八回目です。タイトルどおり、今回は今までの倍行きますよ。
試練として、今まで受けていた生活保護が受けられなくなり、一日300円の生活を余儀なくされた田村少年。再びお米も満足に食べられない生活をすることになってしまいました。そして、そんな状況の中で部活を続け、食べ物を極限まで噛んで味と空腹感を満たし、後は水で空腹感を紛らわす生活。さらに高校生になり、月日の流れていたためにかつての宝島も失われてしまっていました。そんな状況を打破するためにはじめたアルバイト。その回もあってこの生活から抜け出すことができた田村少年。私はここまでで「公園生活だけじゃなくて、又こんなことが訪れるなんて・・・でも、それでも生きていける。なら、今の世の中はいろんな意味でどうなっているんだろう・・・」と思いました。
しかし、彼はその後、お姉ちゃんとけんかして家出をしてしまいます。そして家出の途中、警察につれていかれ、事情聴取され、お兄ちゃんが引き取りに来るまでずっと疑われていました。そして、お姉ちゃんのお叱りを受け、姉のすごさに感心した田村少年。彼はその後、お父さんと一文字違いの人の葬式の知らせを見てお父さんではないかと思ってしまいました。兄弟の制止により、その葬式には行かなかった田村少年。私は「やっぱり、心の中ではお父さんのことずっと思ってるんですね。そして、この前本屋で見たラベルによると、お父さんと再会できたんですね。良かったです。」と思いました。
さて、今回何故二倍やったかというと、もうすぐ学校が終わるのでそれまでに先生に借りているこの本を返しておきたいからです。(先生は別に二学期中に返してくれと言っていませんが・・・)
期末とかで読めない日が結構あったのでその分をこの数日で挽回します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。